スケールモデル ミリタリーパッチ のお店
M.S.さわゆき
スケールモデル
買い物かごの
Echelon
 
価格は外税(税抜表示)です
ECH-ALT352015
Echelon

1/35 M3リー/グラント(北アフリカ/ヨーロッパ)(再販) デカールセット

多種多様なリーとグラントのマーキングが楽しめる内容です。
グラントが一番活躍した英第8軍の車両、アメリカ陸軍のリー、
レンドリース供与されたソビエト軍所属車、そしてドイツ軍捕獲車両等々。
合計12種を製作可能。


単価 : \1730
数量 :

ECH-ALT352006
Echelon

1/35 M3リー/グラント(ビルマ/北アフリカ)(再販) デカールセット

ビルマ戦線のリー(長砲身型)は第150王立機甲連隊所属のニックネーム付き5個体を収録。
M3スチュアートから剥ぎ取ったパーツとバレンタインの履帯で装甲を強化しています。
北アフリカのグラントは長い伝統を誇るスコッツグレイ連隊所属車から2個体を収録。
どちらも当時有名だった競走馬の名前を冠しています。
その他、オーストラリア軍の所属車含め、計11種を製作可能です。


単価 : \1730
数量 :

ECH-AXT351006


Echelon

1/35 ドイツ 第505重戦車大隊のティーガーI デカールセット

「突撃する騎士」のエンブレムが有名な第505大隊のデカールセットです。
このエンブレムは1943年秋頃から描かれるようになりましたが、全ての個体に
描かれたわけでは無く、大きさや色、細かい造作は車両ごとに少しずつ違っています。
本セットは記録写真に残る同大隊のエンブレム付き個体を全て網羅した
初めてのデカールセットです。丁寧なリサーチの下に製作され、
個体ごとの差違が忠実に再現されています。
15種の個体が再現されており、これ自体が第一級の資料となっています。
単価 : \1560
数量 :

ECH-AXT351002


Echelon

1/35 ドイツ 第505重戦車大隊のティーガーII(2017再販版) デカールセット

馬に乗った騎士のエンブレムで有名な第505重戦車大隊デカール。
車両番号は通し番号で用意されていますので、自分の好きな個体を製作可能です。
塗装図は5種付き。記録写真にも多くが撮影され、
有名な個体も多いこの大隊だけに今回の再販は見逃せません。
また、2017年再販版の特典として、124号車用の「ハンスイムグリュック(幸運ハンス)」のプラカードが用意されています(インストから切り抜いて使います)。
「幸運ハンス」はグリム寓話に出てくる主人公の名前で、
逆わらしべ長者ともいうべきお話しですが、ドイツ人には広く膾炙している人物です。
単価 : \1560
数量 :

ECH-AXT351015


Echelon

1/35 ドイツ ヴィーキング師団とヘルマンゲーリング師団のパンターA&G(2016改訂版) デカールセット

2016年版は同時新発売のD356227 ヴィーキング師団251デカール集と連動して、
ヴィーキング師団が初期に採用したエンブレムを追加し、713号車の塗装図を同梱しました。
ヴィーキング師団とヘルマンゲーリング師団所属のパンターを多数再現できる
通しナンバーデカール集で、最近RZMから写真集が発売された
「ミューレンカンプ戦闘団」を率いるヨハネス・ミューレンカンプ大佐搭乗のR02は
塗装図も用意しました。
その他、個体に見られるエンブレムもシートサイズが許す限り収録。
ヘルマンゲーリング師団は戦争後期?末期のG型個体を中心に収録。
書体も白番号と赤文字白フチの2タイプを用意しました。
現在見つかっている記録写真の個体を広くカバーしたデカールで、
現時点で両師団に関しこれを凌ぐデカール集はありません。
単価 : \1730
数量 :

ECH-AXT351009


Echelon

1/35 ドイツ 第51,52装甲大隊&第15装甲連隊のパンターD,A型(2016改訂版) デカールセット

クルスクで初陣を飾ったパンターは新設の第51及び第52装甲大隊に集中配備されましたが、
本セットではこの部隊のパンターマーキングを精密考証で再現するものです。
タミヤとドラゴンのパンターD型にもってこいの決定版デカール集と言って良いでしょう。
2016年の改訂版では第52大隊824号車の豹のエンブレムを茶色と判定して、デカールを追加しました。
これに加え、スターリングラードで壊滅し、第5装甲師団から第15装甲連隊を譲渡されて再建成った第11装甲師団の所属車も収録。
また、前回の版では「所属不明」とされていたA12号車とA13号車ですが、
その後の調査でSS第11師団「ノルトラント」所属車らしいことが判明したとのことです。
通しナンバーを含み、多数の車両を製作可能です。
単価 : \1730
数量 :

ECH-AXT351026


Echelon

1/35 ドイツアフリカ軍団のIII号戦車 Part.2 デカールセット

DAK好き、III号戦車好きには堪らない、内容の濃いデカール集です。
17種が含まれていますが、いずれも迷彩のパターン解説や細かい蘊蓄がちりばめられており、
キャプションを読んでいくうちに「どれを作ろうか?どれも作りたい」と悩むこと請け合いです。
車種もE,G,H,J,Lとアフリカに行ったIII号を全て網羅、ジャーマングレー、単色、アフリカ軍団迷彩まで、
所属部隊も第5,7,8装甲連隊と第190装甲大隊をカバーしていますから
アフリカ軍団のIII号勢ぞろいというところでしょう。
アフリカ軍団の椰子の樹エンブレムは3種入り。
単価 : \1560
数量 :

ECH-D356217


Echelon

1/35 ドイツ マーダーIII PaK.36(r) 東部戦線&イタリア戦線 デカールセット

ロシア製7.62cm野砲を搭載したII号戦車D/E型ベースの対戦車自走砲のデカール集です。
収録されているのは、第11装甲師団、第19装甲師団、第22装甲師団所属車です。
特に第22装甲師団麾下の第140装甲猟兵大隊所属車は模型映えする内容で、
トランプのマーク(スペード、ダイヤ、クラブ)を使用した識別マークと個体名を記入した内容。
ジャーマングレーの上にダークグレーを吹き付け、部分的に塗り残した迷彩も魅力的です。
その他、単色迷彩、冬季迷彩などドイツファンを魅了する考証を尽くしたデカールセットです。
10個体以上を製作可能。
単価 : \1020
数量 :

ECH-D356218


Echelon

1/35 ウクライナ軍のAFV(ウクライナ・ロシア危機)Part.7:9K33M3, BRDM-2 & BTR-80 デカールセット

このデカールセット自体が資料とも言える、ウクライナ危機を丹念に調査した
貴重なデカールシリーズの第7弾です。
9K33M3の制式名称はロシア語で「スズメバチ」を意味する「オサ」ですが、
乗員にとってもこの名称は好評のようで、側面にスズメバチのエンブレムを記入した個体が
複数収録されています。
その他、キメラ的特徴を持ったBTR-80、SPG-9M無反動砲を搭載したBRDM-2など
相変わらず凝った内容のセットです。6種入り。
単価 : \1020
数量 :

ECH-D356219


Echelon

1/35 アメリカ サンドバッグアーマーのM4シャーマン 第14機甲師団 デカールセット

本セットは多数の記録写真が残っている第14機甲師団の第25戦車大隊と
第47戦車大隊所属車を収録したもの。
M4A3(76)シャーマンのVVSSタイプとHVSSタイプ(イージーエイト)を両方収録。
中には土嚢の上に冬季迷彩を施すなど、米軍らしい大雑把さが出ている車両も含まれています。
単価 : \1020
数量 :

ECH-D356220


Echelon

1/35 アメリカ ウィリスジープ 従軍神父&従軍牧師 デカールセット

ウィリスジープ用のデカールセットとして非常に珍しいもので、
Padre(カソリックの従軍神父)とChaplain(プロテスタントの従軍牧師)用の搭乗車です。ブロンコの従軍牧師セットには背景にはこのジープが書かれていますが、
何故かキットにはジープのデカールが入っておらず、画竜点睛を欠くものでしたので、これを補完するセットと言えるでしょう。エシュロンらしいマニアックな企画です。
単価 : \710
数量 :

ECH-D356222


Echelon

1/35 ドイツ 戦争後期の武装親衛隊 III号突撃砲 東部戦線 デカールセット

東部戦線の記録写真から武装親衛隊「ダス・ライヒ」所属2両「トーテンコプフ」所属2両のIII突をセレクトしました。
いずれも凝った迷彩やマーキングの個体であり、III突ファンの力作を彩るのにもってこいです。
クルスク大戦車戦の「ビスマルク」号(G型極初期)と「フロリアン・ガイアー」号(G型極初期)「ハリコフ」号(G型初期)、
そしてスターリングラードの「ノスリ」(F/8型後期)号です。
単価 : \710
数量 :

ECH-D356224


Echelon

1/35 AMX-13 Part.1 デカールセット

レバノン軍と南レバノン軍のAMX-13、合計3種のセットです。
レバノンからの独立を目論んだ南レバノン軍は同士討ちを避けるため
「レバノンブルー」と呼ばれる独特なブルーグレーに身を包んでおり、
対比の鮮やかなセットとなっています。
レバノン軍はAMX-13/105と/75、南レバノン軍は/90ですので、
タコムのキットにもってこいです。
更に大変カラフルでユニークなレバノン軍第2旅団のM41用エンブレムが
おまけで入っています。
単価 : \840
数量 :

ECH-D356225
Echelon

1/35 カナダ空軍と英空軍所属のウィリスMB デカールセット

主に飛行場でパイロットの送迎と各種雑務に使用された青塗りのウィリスを再現する
異色のデカールセットです。
敵味方識別用のラウンデルは特大サイズ。
離着陸時の接触事故を防ぐために「目立つ」塗装がされているのが特徴です。2種入り。

単価 : \810
数量 :

ECH-D356226


Echelon

1/35 シリア軍のAFV(シリア内戦2011)Part.2 シルカ&ゲッコー(オサーAK) デカールセット

シリア内戦のビデオや写真から再現した6種入りのセットです。
9K33M2オサーAK対空ミサイルシステム(NATOコードネーム)は捜索レーダーと射撃管制レーダー、ミサイルコンテナを全て一つの車両に搭載したシステムの奔りです。
シルカとコンビを組むと、低空域防御システムとして現代でもなお侮れない威力を発揮します。
オサー1種、シルカ5種のうち、シルカは1種が単色迷彩、残りはシリア軍スタンダードの2色迷彩。
砂漠迷彩にしたいが、あまり奇天烈なエンブレムが付いているのは嫌、という方にもぴったりの正調なカモフラージュです。
単価 : \1020
数量 :

ECH-D356227
Echelon

1/35 ドイツ 武装親衛隊第5装甲師団 ヴィーキングのSd/Kfz.251 デカールセット

ミューレンカンプ戦闘団の所有251を全て再現可能な通しナンバーデカール集です。
塗装例9種付き。


単価 : \1020
数量 :

ECH-D356238


Echelon

1/35 欧州のM60A3(仮想敵部隊とその他) デカールセット

サーマルサイト装着のM60A3TTSを中心に10種類の塗装図と通し番号の車体番号デカールを用意。
更に、演習用の「赤部隊」「青部隊」を現すマーキングも入っています。
所属国は米軍とユニークな個体エンブレムが面白いスペイン軍。
デカールの一部は汎用性のあるもので、M113やハンヴィーにも使用可能です。
単価 : \1560
数量 :

ECH-D356240


Echelon

1/35 中東諸国のM60A3 デカールセット

トルコ、エジプト、サウジアラビアのM60A3TTSを収録した異色のM60A3デカールセットです。
トルコ軍の3色迷彩、エジプトのサウジの砂漠迷彩を施せば、
一風変わったM60となるでしょう。
大きめのロゴで描き込まれたアラブ文字も新鮮です。
塗装例5種に加え多数のバリエーションを製作可能です。
単価 : \1350
数量 :

ECH-D356242


Echelon

1/35 リフォージャー演習の仮想敵部隊標識マーク デカールセット

リフォージャー演習は1967年から1993年まで、
東側諸国(ソ連・ワルシャワ条約機構軍)の侵攻を想定した大規模演習です。
本セットは、演習で敵部隊を演じる車両に取り付けたマーキングです。
実物は、多くの場合は紙に印刷したものをテープで貼り付けるなどして使われます。
2種各12枚ずつ入りで、演習でこのマークを実際に付けているM60の
車両ナンバーデカールがおまけで付いています。


単価 : \840
数量 :

ECH-P353019


Echelon

1/35 WWII&戦後 米機甲師団パッチ&階級章 デカールセット

第二次大戦と戦後の米国機甲師団、全師団のパッチと階級章のセットです。
よほどの達人以外、手描きだとかなり大変な部分だけにファン必携のセットです。
師団ではありませんが、例外的に機甲師団と同じパッチを持つ
第761戦車大隊のエンブレムも収録。
一見、師団番号が違うだけに見えて、実は細かい違いや例外があるのがわかり、
資料としても信頼できるセットです。

単価 : \1350
数量 :

Echelon デカール